• ホーム
  • クリニックで行うことができるクラミジアの検査内容

クリニックで行うことができるクラミジアの検査内容

2019年11月20日
男性を診ている医者

性病が専門のクリニックに行けば、クラミジアや他の伝染病の感染の有無を調べてもらうことができます。一部の性病専門のクリニックでは、保険証を提示しなくても匿名で検査を受けることが可能です。クリニックで行うことができるクラミジア検査は、即日検査またはPCR法の2種類です。いずれの方法も病院内で検体を採取してから分析が行われ、当日中または数日後に結果を知ることができます。

即日検査はクリニックにある分析装置で分析が行われる方法で、その日のうちに結果が判明します。この方法だとすぐに結果を知ることができるという利点がありますが、測定精度が低いというデメリットがあります。陽性の結果が出た場合でも、改めて精密に検査を実施したら陰性であったというケースもあります。この方法はクリニックにある分析装置を利用するので、利用者が多い場合には予約の順番待ちをしなければなりません。

PCR法というのは、採取した検体を専門の分析機関に送付して精密に調べてもらう方法です。これは病原菌に含まれる遺伝子を詳しく調べる方法で、高精度で感染の有無をチェックすることができます。PCR法では病原体のDNAを増やしてから分析が行われるので、高精度で測定を行うことができるというメリットがあります。PCR法のデメリットは、結果が判明するまでに数日~1週間ほどかかることです。

クラミジア検査の際に検体を採取する方法ですが、女性であればおりものまたは血液を採取して病原体の有無をチェックします。おりものについては、本人が自分で子宮口をぬぐって採取する方法も選択できます。男性であれば、血液や尿を採取して分析が行われます。即日検査を申し込んだ場合は検体の採取後にすぐに病院内の装置で分析が行われ、結果が出るまでそのまま待ちます。PCR法を選択した場合は採取された検体が病院から専門の分析機関に送られて分析が行われ、数日後に結果が判明したら再度病院に行って結果を教えてもらいます。

病院を利用する場合は予約をしたり、診察時間中に訪問をするために仕事や学校を休む必要があります。病院に行く時間がない場合は、自宅で検査キットを利用する方法もあります。このキットはネット通販などで購入することができ、セットに同封されている器具を使って自分で検体を採取します。採取した検体を専用の容器に入れてから郵送で送付すると、数日後に結果が判明してインターネットで確認することができる仕組みです。

検査キットの使い方は説明書に記されているので、初めて利用する場合でも簡単に検体を採取することができます。郵送で検体を送付するので匿名で調べてもらえて、他の人に知られずに結果を確認することが可能です。検査キットはネット通販で購入して自宅に届けてもらいますが、内容物が分からないようにしっかりと包装されています。検査キットは自宅に居ながら簡単に性病のチェックができますが、検体を採取する際に間違った使い方をすると正しい結果が得られなくなるので注意が必要です。検査キットを利用する場合は、説明書をよく読んでから操作をするようにしましょう。

クラミジアは性病専門のクリニックで検査が受けられますが、どうしても病院に行く時間がない場合はネット通販を利用して検査キットを購入する方法もあります。いずれの場合も、陽性反応が出た場合はすぐに適切な治療を受けて完治させることが大切です。女性の場合は症状が出ていなくても炎症を発症している可能性がありますし、放置すると他の人にうつしてしまう恐れがあります。クラミジアはパートナーも一緒に感染している可能性が高いので、クリニックで検査を受ける場合はパートナーも一緒に調べてもらうようにしましょう。